12月のつぶやき

師走に入り 急に寒さが増してきました。
看護職の皆様は、それぞれの場所で日々頑張られておられることと思います。
平成から令和へと年号が変わり、自然災害の脅威など様々な出来事があった今年も残りわずかになりました。
皆様どのような1年だったでしょうか。

ナースセンターは、ガイドブック発行、2月・3月の就職・進学ガイダンスに向けて準備を進めております。
ガイドブック掲載、ガイダンス参加には、多くの病院、訪問看護ステーション、福祉施設様の協力を得ながら進めております。ありがとうございます。

ナースセンターの今年度重点事業の1つとして、求人施設様の施設訪問をあげております。「事件は現場でおきている、会議室ではない」そんなフレーズを真似て「看護職は現場が求めている、ナースセンター所内では見えない」を信じて、11月末までに東部・中部・西部合わせて23施設訪問させていただきました。看護管理者の方より、施設様の特徴・大切にされていること・強み等伺い施設内を見学させていただくことで求人票だけでは見えない情報を得ることが出来、細やかな就業相談に繋がっています。施設訪問で看護管理者様と顔の見える関係を作り、求人施設様求職者様双方に満足していただける就業斡旋に繋げたいと考えております。


最近のナースセンター職員の様子をお伝えします。看護研修センター横に来春開所予定
「医療的ケア児施設ナーシングディこすもす」の上棟で餅まきが11月にありました。
人生初の餅まき参加し両手を広げ頑張りましたが、餅キャッチは出来ず、餅拾いで終わりました。ありがたい紅白餅美味しく頂きました。